医療法人皓慈会 浅川産婦人科

ホーム >> 医院・クリニック >> 医療法人皓慈会 浅川産婦人科

医院紹介

  • 医院紹介

診療科目 : 婦人科, 産科

公式サイト : https://asakawa.or.jp

院長紹介

  • 院長紹介

【略歴】
日本産婦人科医会 幹事
東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科学講座 客員講師
東邦大学医療センター大橋病院鶴見大学歯学部 産婦人科学講座 非常勤講師
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

【肩書き】
浅川産婦人科 院長

【所属学会における役職一覧】
日本産科婦人科学会 医療改革委員会委員
日本産婦人科医会 幹事(医療政策・法制倫理)
日本産科婦人科内視鏡学会 理事
日本内視鏡外科学会 評議員
神奈川産婦人科内視鏡研究会 世話人
日本更年期学会 評議員
Microwave Surgery研究会 評議員
外科系学会社会保険委員会連合 委員

【受賞歴】
平成13年 日本産科婦人科学会奨励賞受賞
平成14年 日本内視鏡外科学会カールストルツ賞受賞
平成15年 東邦大学林賞受賞

【浅川院長が執筆、監修した記事一覧】
・光文社HERS
過多月経の最新治療法「マイクロ波子宮内膜アブレーション」
・gooヘルスケア
「切らずに治す過多月経の新しい治療法」
・健康に関する情報誌「すこやかファミリー」
過多月経のマイクロ波子宮内膜アブレーション
・ゲンキのモト
出血が多くて生理がツラい・・・過多月経の最新治療!!
・ハマ・サキマガジンWeb
ハマ・サキマガジン
・パパと読む「妊娠生活心得BOOK」たまごクラブ産院向け特別編集2016
ドクターズリレーエッセイ:妊娠生活から「立ち会い」を
・Anetis
教えて!ドクター「女性の体 なんでも相談室」~便秘をスッキリ改善しよう
・マイナビ ヘルスケア「女性の悩み」
災害時にも必要不可欠!女性の必需品「生理用品」の基本
エコノミークラス症候群だけじゃない!災害時に気をつけたい女性の病気
・横浜市医師会報
ペンリレー
・AllAbout 暮らし>妊娠・出産
計画停電中に出産を向かえたら (東日本大震災関連の記事)
・日経ヘルス
過多月経を治すマイクロ波治療『過多月経の新治療が保険適用に(p79)』

診療する上で気にかけている点

  • 診療する上で気にかけている点

みなさんを家族だと思いながら親身になってお話を聞き、診察するように心がけています。
当院は、助産師さんの外来が充実しており、助産師から医師へのフィードバックをしっかりと行いながらチームで医療に取り組んでいます。
患者さんが感じる不安な点を私自身が解決することはとても大切ですが、私1人の力だけではなく、助産師さん、看護師さん、事務方さん全員で患者さんの不安を取り除くことをモットーに「浅川産婦人科チーム」で患者さんと向き合っています。

お食事が美味しいと有名ですが、提供する食事で気にかけている点はありますか?

  • お食事が美味しいと有名ですが、提供する食事で気にかけている点はありますか?

当院の食事では「化学調味料」を一切使用していません。
カロリー、塩分などもしっかりと計算されており、3食しっかり摂ってとっていただくことで妊婦さんも安心してお食事を楽しんでいただけます。
特に「焼きたてパン」が有名で、みなさん焼きたてパンを楽しみしていらっしゃいます。
焼きたてパンが出る朝は、病棟中にパンのいい匂いが広がっています。

浅川先生にとって、50名近くのスタッフはどんな存在ですか?

  • 浅川先生にとって、50名近くのスタッフはどんな存在ですか?

当院に来てくださる患者さんに適切な医療を提供するためには、このスタッフでないとできません。
スタッフ全員を「家族」だと思っています。

患者さんの不安を解消するためにしていること

  • 患者さんの不安を解消するためにしていること

近年、「周産期メンタルヘルス」が注目されています。
当院では妊娠中から心のケアを十分にすることによって、産後のマタニティーブルーなどに対してサポートしていけるように体制を整えています。
また、妊婦さんの分娩に向けてのアンケート・お産後の育児に関するアンケートを取ることで、患者さんとのコミュニケーションに役立てるようにしています。

陣痛タクシーを始めた経緯

  • 陣痛タクシーを始めた経緯

昔とは家庭環境も変わり、今では共働き家庭が多くなりました。
いざ陣痛が来たとき、旦那さんが近くにいないという状況が多くあります。
そういった状況を解決するために陣痛タクシーを始めました。
当院では、陣痛タクシーの費用を患者さんが負担する必要はありません。
もし、羊水が流れてしまっている状態であっても、しっかりとトレーニングを受けている運転手さんが対応してくれるので安心です。

オンライン診療を始めた経緯

  • オンライン診療を始めた経緯

当院では、主に過多月経や腹腔鏡手術などの不安を少しでも和らげるためのセカンドオピニオン外来として、患者さんにオンライン診療をご利用していただいています。
その他医療機関で色々といわれて不安になってしまった患者さんのセカンドオピニオンの位置付けとして、オンライン診療を始めました。

母親教室などの産後サポートを充実させている理由を教えてください

  • 母親教室などの産後サポートを充実させている理由を教えてください

核家族化によって子育てを1人で頑張ってしまうお母さんがいらっしゃいますが、1人で子育てを頑張ってしまうお母さんほど、産後に心を乱してしまうことが多くあります。
当院では、お産してから2ヶ月までなら「浅川っ子」という外来があります。
「浅川っ子」を活用しながらお母さん同士の横のつながりを築けるようにサポートしています。
オイルマッサージ、ヨガを通じてお母さん同士がつながり、2人目以降のお子さんも当院で出産しやすい環境を整えています。

「これから父になる男性」「父になったばかりの男性」にアドバイスをお願いします

  • 「これから父になる男性」「父になったばかりの男性」にアドバイスをお願いします

「イクメン」という言葉がありますが、全てのことをお父さんができる訳ではありません。
お母さんは、24時間ずっとお子さんの面倒をみています。
お父さんが仕事で抱えるストレス以上に大きなストレスをお母さんは感じているかもしれません。
だからこそ、お母さんに「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えてください。
私自身も2人の子供を育てていて感じますが、行動で示すことももちろん大切です。
しかし、お母さんに直接言葉で伝えることこそが一番大切なことだと思います。

浅川産婦人科院長 浅川恭行からみなさんへのメッセージ

  • 浅川産婦人科院長 浅川恭行からみなさんへのメッセージ

当院では、子供、中高生、妊婦さん、おばあちゃんまで幅広く来院していただいています。
特にお産が多く、そのなかでも妊婦さんの「心のケア」をスタッフ全員が大事にしています。
「ドクター中心」ではなく、「患者さん中心」の医療を提供するためにチーム全体で取り組んでいます。
何か不安なことが少しでもあったときは、遠慮せずに私、スタッフにいつでも声をかけてください。
これからも来院されたとき、患者さんがホッとするようなクリニックを目指していきます。
もし、何かありましたらいつでも当院にいらっしゃってください。

診療時間

  • 診療時間

[休診日]
日曜祝日は休診です。


*妊娠初期は婦人科での診察となります。

*2018年11月1日より、婦人科・産科の外来診療は予約制になりました。
詳細につきましては、浅川産婦人科|公式サイト内の診療案内をご覧ください。

診療科 診療時間
婦人科 9:00-12:00
16:00-19:00
産科 9:00-12:00
13:30-15:00
13:00-15:30

所在地&お問い合わせ

  • 所在地&お問い合わせ
  • 住所

〒230-0062
横浜市鶴見区豊岡町22-15

  • TEL

045-581-3541
0120-030-111(フリーダイヤル)

来院された方の口コミ

  • 来院された方の口コミ
"医療法人皓慈会 浅川産婦人科"にコメントする
本記事に関してコメントをされる方は下記の規約をお読みください。
コメントにあたり、ユーザー登録やログイン等は一切必要ありません。
【規約】
  • 個人情報を含むコメントの投稿
個人の特定が可能なコメントの投稿は禁止とします。
  • 売買情報を含むコメントの投稿
売買情報を含むコメントの投稿は禁止とします。
  • 記事に関係ないコメントの投稿
本記事に関係のないコメントの投稿は禁止とします。
  • コメント投稿後のコメント公開について
当ウェブサイトでは、原則的に投稿されたコメントは、運営側で確認した後、公開することとしています。
尚、コメントの内容が不適切と思われた場合、公開を見送ることもございます。
  • 免責
当ウェブサイトへの投稿に起因して発生した問題について、当ウェブサイト運営側は如何なる責も負わないものとします。
  • 規約への同意
下記の投稿ボタンを押した段階で、自動的に本規約に同意したものとします。