アクリアデンタルクリニック

ホーム >> 歯科医院 >> アクリアデンタルクリニック

医院紹介

  • 医院紹介

診療科目 : インプラント, ホワイトニング, 予防歯科, 審美歯科, 歯周病治療, 歯科一般診療

公式サイト : http://aqlear.com

主要故事-中文版
https://www.youtube.com/watch?v=Xt6Ml8DUz5Q

メディカルツーリズム-日本語版
https://www.youtube.com/watch?v=qVlZHChm42M

医疗旅游-中文版
https://www.youtube.com/watch?v=yuQKuuHVHmQ

院長紹介

  • 院長紹介

【略歴】
岩手医科大学歯学部卒
夏掘デンタルクリニックにて研修
吉野歯科診療所 分院長を歴任
京王堀之内阿部歯科医院 分院長を歴任
2011年1月「アクリアデンタルクリニック」を開院

【肩書き】
アクリアデンタルクリニック 院長
日本歯周病学会
日本臨床歯周病学会
日本口腔インプラント学会
日本レーザー歯学会

【書籍】
ワンランク上の予防歯科-歯科から全身の健康を考える

アクリアデンタルクリニックを開院してどのくらいになりますか?

  • アクリアデンタルクリニックを開院してどのくらいになりますか?

開業して8年目になります。

どんな症状をもった患者さんが来院されますか?

  • どんな症状をもった患者さんが来院されますか?

地域柄として、高齢者の方々が多く住まれています。
そのため患者さんのベースとしては、ご高齢の方々が多いクリニックです。
そのなかで自分自身が取り組んでいる診療というのが、「全身の健康につながる歯科医療」、そこに加えて「予防」の部分も考えた診療内容になっています。
そういった点からも最近では若年層〜小児の患者さんまで、幅広くご来院をしていただいています。

「全身の健康につながる歯科医療」と「予防」に力を入れるようになったキッカケを教えていただけますか?

  • 「全身の健康につながる歯科医療」と「予防」に力を入れるようになったキッカケを教えていただけますか?

歯科医療をたくさん学んでいくなかで、予防歯科について考える場面が多くありました。
例えば、「虫歯にならないためにはどうしたらいいか?」というのを予防歯科だと感じている方もいらっしゃいます。
「予防歯科=歯科疾患にならないための予防」というイメージこそ、皆さんが予防歯科にもっている印象です。
しかし、歯科疾患だけでなくはなく、全身の健康を維持していくために歯科診療が役に立っているという事実がわかってきました。
当院で考えている予防歯科というのは「全身の病気を予防する」という意味で位置付けし、日々の診療を行っています。

アクリアデンタルクリニックの強みを教えてください

  • アクリアデンタルクリニックの強みを教えてください

クリニックの強みという部分でお伝えをするならば、スタッフ全体に私の考えている価値観が浸透している部分です。
歯科医療は1人でやるものではなく、チームでやっていくものだと思っています。
歯科衛生士さん、助手さんにおいても私が行っている診療スタイルを理解していただいており、応援してくれている部分は当院のなかでも強みとして自信をもっている部分です。

歯科治療を通じて、患者さんに対してどんなことをお伝えしていきたいですか?

  • 歯科治療を通じて、患者さんに対してどんなことをお伝えしていきたいですか?

一般的な考えとして、歯医者さんは痛くならないと行かないところだと思っている人が多いと思います。
痛くなったとき、困ったときに来院して「痛みをとってください!」という場所が歯医者さんのイメージです。
虫歯・歯周病・根尖病巣(歯の根っこに膿が溜まってしまう病気)といった症状が全身の病気につながっているということをわかっていただければ、「もっと日頃から歯医者さんに行かなくちゃ!」と思っていただけるはずです。 残念ながら、歯科医療の可能性を理解してもらえている割合は非常に少ないです。
歯科治療を広い視野でとらえ、全身の病気を診るという歯科医療はまだまだ日本では浸透していないのが現状としてあります。
「歯科治療=全身の病気を診る」という歯科治療の普及を目指し、私は日々の診療を行っていきたいと思っています。

「医科・歯科連携」を考えるようになったキッカケを教えていただけますか?

  • 「医科・歯科連携」を考えるようになったキッカケを教えていただけますか?

医科・歯科連携を意識するようになったのは、私自身の原体験による部分が非常に大きいです。
左上の6番目の歯が折れてしまい、根っこの先に膿が溜まってしまった経験があります。
そのときに手に皮膚疾患ができてしまい、歯と皮膚疾患が関係しているとは全く考えていませんでした。
ところが、病巣疾患を勉強していくなかで「私の皮膚疾患は、歯が原因で起こっているのではないか?」ということに気が付いたんです。
そう思ってからすぐに原因である歯を抜いたところ、3週間経った頃には皮膚疾患が治っていました。
それまでの1年半、皮膚科に通ってステロイドを塗ったり栄養療法を行ってみたりしてみたのですが、一時的に改善するものの完治はしませんでした。
そのなかで原因となっていた歯を抜くことで皮膚疾患が治ってしまった事実を目の当たりにしたとき、「歯科治療=全身の病気を予防する」のだと気付きました。
実際にこういったことが皆さんの身近にも起こっていることに気付いていただけると、歯医者に対するイメージがもっと変わるのだと思います。
歯を大切にすることで、肌の調子が良くなったり、消化器系の悩みが解決することもあります。
歯医者さんで定期的に検査することは、「全身の健康を予防する」ことに繋がることを知っていただきたいなと思います。

「医科・歯科連携」というスタイルは、今後の歯科治療においてスタンダートになっていきますか?

  • 「医科・歯科連携」というスタイルは、今後の歯科治療においてスタンダートになっていきますか?

私は、そう考えています。
厚生労働省でもそのような施策を打ち出しており、国全体としてそのような流れにしていこうと動いています。
私が所属している病巣疾患研究会では、内科・耳鼻科・皮膚科・精神科といった医師の方々も「医科・歯科連携」を重視している先生方が増えてきているのが現状です。
そのときに私が気付いたこととして、歯科医療は「数値化して評価する文化」というのが育っていないと感じました。
私たち歯科医師はレントゲンを見て、虫歯・歯周病の場所などを目で診て判断する部分が大きな割合を占めています。
ポケット検査などといった数値化して行う治療もありますが、医科に比べると数値化して評価するという部分に関しては、歯科は脆弱な部分があります。
異なる分野の医師同士がコミュニケーションをとろうと思った場合、「数値で情報を共有できる」というのは非常に重要です。
どんな簡単な検査項目であっても数値化して評価をしておくことで、異なる分野の医師でも全てではなくても理解することが可能です。
数値化して評価し、医科・歯科連携をとることが非常に大切であると思っているので、当院では数値化して評価できる検査器具を多く取り入れるようにしています。

歯科治療において、日本と海外の違いとは?

  • 歯科治療において、日本と海外の違いとは?

私自身が海外の歯科医療の現場を熟知しているわけではないのであまり大きなことは言えませんが、世界中の先生方の症例を拝見していた感じたことは、日本の歯科医師はとても繊細で細かい仕事が得意なのだと感じます。 一つ一つの仕事内容がとてもキレイなんです。
大雑把な治療と細かいところまで注意を払った治療では、結果に大きな違いとして表れます。
そのなかで、やはり日本の歯科医師は繊細な目をもち、「そんなところまで診療するのか!」という部分まで気をつかって治療しているというのが日本の歯科医師の強みではないかなと思います。

今後展開していく「メディカルツーリズム」でどんなことを海外の方々に提供していきたいですか?

  • 今後展開していく「メディカルツーリズム」でどんなことを海外の方々に提供していきたいですか?

メディカルツーリズムのなかで完璧な歯科治療を提供していくことを考えると、どうしても関われる期間が日本人の患者さんに比べると短いので、その部分がネガティブになってしまう可能性はあると考えています。 治療の場合、短時間で結果を出していかなくてはならなくなるため難しい部分もあるかもしれません。
そのなかでも検査といった部分については、関わる時間が短期間でもその患者さんの状況を把握し、検査内容に合わせたアドバイスをしていくことは可能です。
生活習慣であったり、来日した患者さんが健康で幸せでいるためのサポートを検査を通じて実践していきたいです。
メディカルツーリズムを通じて患者さんが自分の現状を知り、患者さんのその後の人生がより健康で幸せなものになればいいなと考えています。

日本の歯科治療においての強みを教えていただけますか?

  • 日本の歯科治療においての強みを教えていただけますか?

日本の歯科医師の方々は、マジメで情熱的な人が多いです。
いろいろな設備投資であったり、治療に必要なものは多少の無理があっても患者さんのために導入していく姿勢があると思います。
近日中に当院でも導入予定の歯科用CTなどは、所有しているクリニックの割合は、日本が世界NO.1となっています。
また、当院でも導入しているマイクロスコープなどを活用しながら質の高い医療を提供しようという想いが非常に強いと感じます。
そういった想いが最新設備、治療で使用する道具、検査器具などを導入する意欲にもつながっているのだと思います。

近日出版する「ワンランク上の予防歯科」はどんな内容ですか?

  • 近日出版する「ワンランク上の予防歯科」はどんな内容ですか?

今、原稿の最終チェックをしている段階です。
先ほどからお話させていただいているように、虫歯・歯周病にならないようにすることを世間では「予防歯科」と呼んでいたと思います。
なぜ私が著書のなかで「ワンランク上」とお伝えしているのかというと、お口の中のトラブルを予防するだけではないということを皆さんにお伝えしたいからです。
全身の健康・美容などに対して歯科医療というのがとても大きく関わっているということを著書のなかでお伝えしています。
当院でいえば、「病巣疾患」「小児矯正」「分子整合栄養医学」などを組み合わせることによって、患者さんの今の健康〜未来の健康までを「予防」という観点からアドバイス・サポートができると考えています。
そのための基本的な知識・情報をわかりやすく著書のなかでお伝えしていきたいなと思っています。

アクリアデンタルクリニック院長 多田大樹から患者さんへのメッセージ

  • アクリアデンタルクリニック院長 多田大樹から患者さんへのメッセージ

歯科医療は、「医療」です。
私たち歯科医師は修理屋さんではなく、困ったときだけ修理してもらうのではなく、本当に健康・美容といった部分と歯科医療はとても密接な関係にある、というところを理解していただけたら嬉しいなと思います。

診療時間

  • 診療時間

  • 月曜日~金曜日
9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:00

  • 土曜日
9:00 ~ 14:00
*休診日 : 水曜日・日曜日・祝日
09:00 ~ 13:00
(土曜日は14:00まで)
× ×
14:30 ~ 18:00 × × ×

所在地&お問い合わせ

  • 所在地&お問い合わせ
  • 住所

〒206-0042
東京都多摩市山王下1-13-9 ラヴィニール大真 1F

  • TEL:042-400-0700

来院された方の口コミ

  • 来院された方の口コミ
"アクリアデンタルクリニック"にコメントする
本記事に関してコメントをされる方は下記の規約をお読みください。
コメントにあたり、ユーザー登録やログイン等は一切必要ありません。
【規約】
  • 個人情報を含むコメントの投稿
個人の特定が可能なコメントの投稿は禁止とします。
  • 売買情報を含むコメントの投稿
売買情報を含むコメントの投稿は禁止とします。
  • 記事に関係ないコメントの投稿
本記事に関係のないコメントの投稿は禁止とします。
  • コメント投稿後のコメント公開について
当ウェブサイトでは、原則的に投稿されたコメントは、運営側で確認した後、公開することとしています。
尚、コメントの内容が不適切と思われた場合、公開を見送ることもございます。
  • 免責
当ウェブサイトへの投稿に起因して発生した問題について、当ウェブサイト運営側は如何なる責も負わないものとします。
  • 規約への同意
下記の投稿ボタンを押した段階で、自動的に本規約に同意したものとします。